プロポリスで病気を知らない体に|栄養素で快適ボディになる

シニア

血液の酸化を防ぐこと

サプリメント

血液の酸化と活性酸素

血液が酸化すると、高血圧をはじめ、様々な病気になります。血液は大量の酸素を含んでいます。そしてこの酸素が一部「活性酸素」となり、ウイルスや細菌と戦っています。しかし、日常生活の中で活性酸素が増えるようなことを続けていると、それが血液を酸化させていきます。血液が酸化すると、酸素が不足するため、血液の質が悪くなります。血液の質が悪くなると、心身に細胞レベルで異常が出てくるようになります。その症状の一つが高血圧です。高血圧の解消法の一つは、抗酸化作用のある栄養素をサプリメントなどから摂取すること、または血液の酸化を防ぐ生活習慣を身に付けることなのです。そのことについては、次項で詳しく説明いたします。

血液の酸化を防ぐために

血液の酸化を防ぐためには、活性酸素の増加を止める必要があります。そのためには、以下のことに注意すると良いでしょう。まず紫外線です。紫外線を浴びることで、皮膚を守るために活性酸素が増えるため、血液の酸化を招きます。また飲酒することで、アルコールを解毒するため肝臓から大量の活性酸素が生成されます。飲酒は血液の酸化を促すことを覚えておきましょう。喫煙も同様です。喫煙することで、有害物質を吸い込むことになりますが、それを中和させるために活性酸素が発生します。そして最も注意したいのが、ストレスです。ストレスは高血圧の直接的な原因になりますが、同時に大量の活性酸素を生み出します。以上のようなことに気を付けて生活することで、血液の酸化を防ぐことができます。また抗酸化作用のあるサプリメントを摂取するのもおススメです。抗酸化作用の高いサプリメントとは、アントシアニンを含んだものです。アントシアニンはブルーベリーに含まれる栄養素で、視力の回復や、疲れ目の解消などにも効果があります。ブルーベリーは希少で価格も高いため、日常的に摂取するのは簡単ではないため、サプリメントで摂るのがおススメです。